歯磨き粉 歯周病 ランキング

歯周病に効果のある歯磨き粉ランキング!

 

歯磨き粉,歯周病,ランキング

 

 

この記事を読んでるあなたは、歯周病に効く歯磨き粉はたくさんあってどれがいいのか迷ってこの記事にたどり着いたんだと思います。

 

ここでは歯周病に効く今売れている歯磨き粉を人気順にご紹介していきますので参考にしてみてください。

 

気になる商品があったら、ぜひ公式サイトのほうをご覧になってください。

 

 

 

 

 

プロポデンタルリンスR&C

 

歯磨き粉,歯周病,ランキング

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

プロポデンタルリンスR&Cの特徴

 

・もっとも強力なブラジル産プロポリスを配合

 

  プロポリスは、消毒・殺菌効果が非常に高いのが特徴で、その殺菌力で歯周病や口臭を予防します。

 

・薬用成分イソプロピルメチルフェノール(IPMP)

 

  有効成分が浸透しにくい歯周病バイオフィルムに浸透して歯周病菌を殺菌し歯周病や口臭を防ぎます。

 

・塩化セシルピリジニウム(CPC)

 

  殺菌作用によって歯垢の形成を抑え歯周病や口臭を予防します。

 

・酢酸トコフェロール(ビタミンE)

 

  血行を促進し歯茎を活性化させることによって歯周病や口臭を予防します。

 

・キシリトール

 

  虫歯原因菌の成長を抑制します。

 

・カンゾウエキス

 

  抗炎症作用があり歯周病の炎症を緩和します。

 

・茶エキス

 

  消臭作用があるので歯周病による口臭に効果を発揮します。

 

・トウキエキス

 

  血行促進作用、抗炎症作用があり歯周病の症状を和らげます。

 

・液体タイプなので、口腔内の隅々まで行き渡らせることができます。

 

・防腐剤、研磨剤、発泡剤は配合していません。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

 

 

 

プロポデンタルEX

 

歯磨き粉,歯周病,ランキング

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

プロポデンタルEXの特徴

 

・累計750万本も販売実績のある人気商品。

 

・殺菌作用のある薬用成分が歯周病菌や虫歯菌、口臭を抑えます。

 

・歯茎の血行を良くして、歯周病を予防します。

 

・生薬から抽出されてたグリチルリチン酸やフラボノイドが歯周病を予防します。

 

・強力なブラジル産プロポリスを配合。

 

・歯科医との共同開発

 

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

 

 

 

なたまめ柿渋歯磨き

 

歯磨き粉,歯周病,ランキング

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

なたまめ柿渋歯磨きの特徴

 

・モンドセレクションで金賞を受賞

 

  モンドセレクションとは味覚や衛生面、パッケージに記載されている成分などが正しいか、原材料などの項目があり、専門家や評論家が審査を行います。

 

・上質な天王柿の柿渋エキスを配合

 

  柿渋には防腐作用や殺菌作用があり、歯周病の症状や口臭を緩和します。

 

・界面活性剤や発泡剤を含んできません。

 

・サンゴや貝殻など、天然由来の研磨剤を使用

 

・なたまめエキスを配合

 

  血行促進効果や免疫力の向上、排膿作用(膿を出す)などがあり、歯周病の改善、口臭に効果があります。

 

・天然塩やグリチルリチン酸ジカリウムを配合

 

  歯周病の予防、口臭の防止に効果があります。

 

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

 

 

 

オーラパール

 

歯磨き粉,歯周病,ランキング

 

>>薬用OraPearl

 

 

オーラパールの特性

 

・歯周病予防成分のみならず、ホワイトニングで歯が白くなる

 

・ハイドロキシアパタイト

 

  歯のダメージを修復し白く輝かせる

 

・塩化ナトリウム

 

  歯茎を引き締め出血を抑制する

 

・マクロゴール400

 

  タバコのヤニなど歯に沈着した汚れを溶解

 

・イソプロピルメチルフェノール

 

  歯周病菌などといった雑菌を消毒する

 

・グルチルリチン酸

 

  歯ぐきの炎症を抑制する

 

・ゼオライト

 

  歯石の沈着を防止し虫歯を予防

 

・塩化リゾチーム

 

  歯ぐきの出血や炎症を抑制し、歯周病菌を消毒する

 

・ε-アミノカプロン酸

 

  歯ぐきの出血やむくみを抑制する

 

・塩化セチルピリジウム

 

  歯周病の原因菌を殺菌する

 

・これ一本でお口の悩みの大部分をカバーします。

 

 

>>薬用OraPearl

 

 

 

 

 

薬用オーラクリスタ―・ゼロ

 

歯磨き粉,歯周病,ランキング

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

こちらの商品は歯磨き粉ではありませんが、歯磨きだけではどうしても口臭が消えないという方に大人気の商品です。

 

口の中に「シュッ」とスプレーするだけで、口臭が消えます。

 

「腐った卵の臭い」の硫化水素、「血なまぐさい臭い」のメチルメルカプタン、「生ごみのような臭い」のジメチルサルファイドの3大口臭を抑えます。

 

他にも、歯周炎予防、虫歯予防、歯周病予防、ホワイトニングの嬉しい4つの薬用効果があります。

 

また、持ち運びが便利なのでいつでもどこでも気になったときに使用することができます。

 

即効性もあり、スプレーしてすぐに口臭を抑えることができます。

 

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

 

 

 

歯周病とは?

 

歯周病を老化現象だと思っている方もいますがそんなことはなく細菌による感染症です。

 

歯周病に感染すると歯茎が炎症を起こし腫れてきたり、出血したりします。

 

また、口臭もきつくなってきて、歯茎を押さえると膿が出ることもあります。

 

そのままにしておくと最終的には歯が抜けてしまいます。

 

歯周病は歯周病菌が出す毒素が歯ぐきから体内に入り発症します。

 

順番としてはまず歯の周囲に細菌が付着して、その細菌が出す毒素が歯茎から体に入って感染します。

 

そして、歯茎から出血をしたり炎症を起こして膿が出たりするようになり、歯槽骨という歯を支えている部分の骨が溶けて最終的には歯が抜けてしまいます。

 

このように見てみると歯周病を予防するには、歯の周囲に細菌が付着しないようにしっかり歯磨きをすればいいということになります。

 

歯磨き以外にもいくつか注意することがあります。

 

 

かみ合わせ

 

かみ合わせが悪いと歯周病を悪化させやすくなります。

 

ただこれは自分ではどうにもならないので、治療が必要になります。

 

 

歯ぎしり

 

歯ぎしり歯にものすごい負担がかかります。

 

歯と歯茎の間が緩んで歯周病が進行しやすくなってしまいます。

 

 

歯並び

 

歯並びが悪いと死守病予防で一番大切な歯磨きが十分にできない可能性があります。

 

自分の歯並びのポイントを抑えて十分にブラッシングできていればいいのですが、どうしても磨き残しができてしまいます。

 

毎回違う場所が残るならまだいいのですが、本人の磨き方の癖によるところもあり、同じようなところが残ってしまいます。

 

するとそこで歯周病菌が増殖し、歯垢が歯石になってくるなど歯周病に感染するリスクが高まってきます。

 

 

 

 

 

 

歯周病の進行

 

初期

 

歯周病に感染した初期のころは自覚症状がほとんどありません。

 

歯磨きの際に出血が見られたり、歯茎が少し晴れたような感じがする程度です。

 

歯に歯石が付き始めるころで、歯石が付着していれば取り除いて丁寧に歯を磨けばほとんど治ってしまいます。

 

 

中期

 

冷たい水や暖かいお茶など刺激のある物足見るようになります。

 

歯磨きをすると出血し、時々歯茎の炎症が見られます。

 

歯茎を押すと膿が出たり、歯茎から臭いがします。

 

歯石が付着し、歯周ポケットも深くなって歯ブラシの毛先が届かないために進行が止まりにくくなります。

 

 

末期

 

歯磨きをするたびに出血し、歯もぐらぐらしてきます。

 

歯茎を指で押すと白い膿がにじみ出てきます。

 

歯槽骨という歯を支えている部分の骨が溶け始めます。

 

歯茎の高さは歯槽骨の高さと同じなので歯茎が下がってきます。

 

ここまでくると治療しなければ治りません。

 

 

 

 

 

 

理想の歯磨き方法

 

理想の歯磨き方法は自分に合った方法ということになります。

 

歯医者さんとかで歯磨きの方法を指導してもらえますが、それはそれで基本として抑え、人それぞれ歯並び等状態が違いますので自分に合った方法が一番いいに決まっています。

 

特に分かりやすいのが虫歯や歯石です。

 

自分ではきれいに磨いているつもりでも虫歯ができたり、歯石が付いたりしませんか?

 

それは自分でしっかり磨いているつもりでも、手の動かし方などの自分の癖や歯並びなどで磨き残しができてしまうからです。

 

よくある「正しい歯の磨き方」みたいなものは、きれいに整った歯を前提とした磨き方です。

 

なので、歯並びは人それぞれで、特に歯並びの悪い方もいます。

 

そうい方も同じように歯磨きをしていたら、磨き残しができるのは当然のことです。

 

 

 

 

 

自分独自の磨き方を考える

 

歯並びは人それぞれ違いますし、手の動かし方も人それぞれです。

 

「正しい歯の磨き方」のような基本を抑えつつ自分独自の方法を取り入れましょう。

 

まずは自分の歯並びを把握しましょう。

 

鏡で見て自分の歯並びではどの辺が磨きにくそうなのか、歯ブラシの毛先が当たりそうにないところを確認してみてください。

 

そして、どうやったらきれいに磨けるか考えてみましょう。

 

ポイントは歯と歯の間、歯と歯茎の間をしっかり磨くことです。

 

一番奥の歯の裏側は歯ブラシの先端のほうを使ったり、毛先の柔らかいものに変えたりと、どうやったらハミブラシの毛先が当たるか工夫してみてください。

 

デンタルフロスや歯間ブラシを併用するのもいいですね。

 

 

 

 

 

電動歯ブラシを検討してみる

 

最近の電動歯ブラシはとてもよく磨けます。

 

手で磨くよりもきれいに磨けるという人もいますので検討してみるものいいと思います。

 

特に面倒くさがりの人は歯に合わせて移動させるだけなのでかなり楽なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

歯磨き粉の選び方

 

殺菌効果

 

歯周病に効く歯磨き粉を選ぶときには殺菌効果のあるものにしましょう。

 

歯周病対策で重要なのは丁寧なブラッシング(歯磨き)です。

 

丁寧にブラッシングすることで、歯周病の原因である歯垢を取り除きます。

 

しかし、いくら丁寧にブラッシングしても歯垢を完全に取り除くことは不可能といわれています。

 

1日に歯を磨く回数を増やすのもいいかもしれませんが、いくら回数を増やしても歯垢を完全に取り除くことはやはり不可能です。

 

なぜかというと、歯を磨くときの手の動かし方に人それぞれ癖があるからです。

 

人それぞれ癖があるので、歯ブラシが歯にうまく当たらず、だいたい同じようなところに磨き残しができてしまいます。

 

同じようなところばかり磨き残しができるので、そこにたまった歯垢がやがて歯石になってしまいます。

 

久しぶりに歯医者さんに行くと歯石が付いているのはそのためです。

 

このように磨き残した歯垢や歯石が原因で歯周病に感染したり、悪化させたりします。

 

こうならないためには、ブラッシングだけでなく歯周病専用の殺菌効果のある歯磨き粉を使用して歯周病菌を死滅させることも大切です。

 

殺菌効果のある成分としては以下のものがあります。

 

・イソプロピルメチルフェノール(IPMP)
・塩化セチルビリジニウム(CPC)
・塩酸クロルヘキシジン
・酢酸dl-α-トコフェロール

 

これら以外にもプロポリスやハーブなど天然成分の殺菌効果を利用したものもあります。

 

 

 

抗炎症効果

 

歯周病に感染すると歯茎の腫れが見られるようになります。

 

歯茎の腫れを抑える効果のあるものを選びましょう。

 

先ほども書きましたが、歯周病対策で重要なのは丁寧なブラッシングです。

 

丁寧に歯を磨くことで歯周病菌の原因である歯垢を取り除きます。

 

歯周病菌は嫌気性(けんきせい)という酸素を嫌う性質があり、歯周ポケットや歯の隙間など酸素が届かないところに入り込んで増殖します。

 

歯茎が腫れてしまうとその歯周ポケットが深くなってしまい歯ブラシの毛先が届かなくなり、歯周ポケットの奥の歯垢をかき出すことができません。

 

また、歯茎が腫れることによって痛みや出血を伴うこともあり、丁寧なブラッシングの邪魔になってしまいます。

 

このようなことから歯茎の炎症を抑える必要があります。

 

 

 

研磨剤を含まないもの

 

歯磨き粉の中には歯を白くするために、歯の表面を磨く研磨剤が入っているものがあります。

 

歯を白くしたい人にはいいと思いますが、歯周病に感染している人は避けたほうがいいでしょう。

 

歯周病に感染すると歯茎が下がってきて象牙質という歯の根元の柔らかい部分が露出します。

 

そのやわらかい部分を研磨剤で磨いてしまうとすぐに傷ついてしまい、その傷の中で歯周病菌が増殖するからです。

 

どうしても歯の色が気になるという方は1日のうちの1回は研磨剤の入った歯磨き粉で磨くというように使い分けるのもいいかもしれません。

 

しかし、歯周病予防の段階では使い分けるのもいいと思いますが、歯周病に感染している場合はある程度改善するまでは、控えたほうがいいと思います。

 

 

 

 

 

まとめ

 

歯周病対策で一番大切なことは予防することです。

 

専用の歯磨き粉を使ってしっかりブラッシングしましょう。

 

今回専用の歯磨き粉をご紹介しましたが、私が一番お勧めするのはやっぱり第一位の「プロポデンタルリンスR&C」です。

 

今なら初回限定の特別セットに全額返金保証もついていますので試してみてはいかがでしょうか。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】